blog

photo by 「午前0時のハイヒール -HONNE no ethical by Jennifer 『pink』

Randomness (ランダムネス)について

2005年に交換留学生としてアメリカに渡ったとき、ピンと来て親友のスニーと使いまくっていた言葉がRandomness。この言葉があらわす「方向性もレベル感も全く相容れないものが混じり合っている感じ」が好きなんだなぁと気づいてはや10年(も!)。

「Randomness」という言葉を得て、そういう状況がはっきりと私の中で認知されるようになってからは、いろんな状況をにやにやしながら楽しめるようになった。

百合の花とスタッズ、ドラッグクイーンを見つめる修道女、洗面所でモヒカンメンテをしてあげていた元ダンスホールクイーンの姉が今ではワンピースを着た婚活女子になったこと、ロンドンのカフェスケッチにあるレインボーにペイントされたクラシックな陶器、ピンクにライトアップされたルネッサンス彫刻。私にとってはこれみんなRandomnessなり。

ーーーーー

Jenniferが執筆する「午前0時のハイヒール –HONNE no ethical by Jennifer-」内の人気記事、「pink」。このテーマもRandomnessだと思う。

「OLしながら売春してマンションの一室でワニを飼い、居候の情事にブチ切れながら卵焼きを食べて機嫌を直し、マニキュアを塗る。」

そうそう、こんな生活。

INHEELSの業務内容のひとつは「エシカルファッションの普及」なんて言っているけれど、実際私達はエコ仙人でもないし、私の生活は正直エシカルで一貫してなんていない。ファストファッション(古着は例外)を着ないこと以外、結構なんでもする。たった今もプラスチックコーティングされた使い捨てカップに丁寧にスリーブとフタがついたものに収められたレインフォレストアライアンス認証コーヒーを飲みながらこの文章を書いている。 

そうやって矛盾を孕みつつ、でも全ての可能性が0ではない。

ハンドルを握るグリップが効くか効かないかのところで、自分の意志とこだわりを意識しつつもごろごろと転がって行く。

「ああ、なんて矛盾と可能性に満ちた世界。

“元気!!元気!!勇気がわいてくるなぁ!!”」


Checkout 「午前0時のハイヒール -HONNE no ethical by Jennifer-」
Checkout「PINK」

Yuka