blog

現状のエシカルファッションでイノベーションを起こしたい、たった1つのこと

こんにちは。

明日ローンチ、INHEELS的感性で我らのアイコンJenniferがエシカルファッションを語るブログ形式フォトエッセイ「午前0時のハイヒール -HONNE no ethical by Jennifer-」プロジェクト担当、プロボノの布田です。CJO(Chief Jennifer Officer 笑)として活動しております。

本日は、タイトルの通り、このプロジェクトで達成したいことをJenniferに替わってご紹介いたします。

たった1つ、

エシカルファッションの新しいコミュニケーションデザインを作ること

これに尽きます。

「おしゃれなエシカルファッション!」と声高に言うのではなく、もっとクールに、アーティスティックに、インテリジェントにメッセージを伝えて行く。

私がプロボノとしてジョインした2013年当時、よく語られていたのは、「エシカルファッションってあかぬけないイメージあるけど、○○(ブランド名)はオシャレなアイテムが揃ってるんですよ!」という語り方でした。この言い方は今でも使われることが多いし、有効な一面もあると思います。でも、最近思うのは、「オシャレなプロダクトを作るエシカルブランドは以前より確実に増えた。それにも関わらず、相変わらずエシカルファッションは、世の中のほんの一握りの意識高い系コミュニティ内部でしか循環しない、「地域通貨」の域を出ていない」ということ。

このような中で感じるのは、ファッション業界の中で自分のことをオシャレって言ってる=コミュニケーションしているのって、実はエシカルファッションだけなんじゃないか?っていう、不安感。

思えば、世界のラグジュアリーブランドはもちろん、東京で活躍するデザイナーズブランド、代官山とか表参道とか青山にある最先端のショップが、「うちのブランド、ショップはオシャレですよ!」ってメッセージを発信することは100%ありません。なぜなら、その発言自体がダサいし、イケてないから。

そんな現状を変えるため、INHEELSは、このプロジェクトを通してエシカルファッションの新しいコミュニケーションのあり方を模索し、発信していきます。

自分たちは「ファッション」をやっている、そんなアイデンティティを核にして、私たちが何となく感じていたけれども雰囲気的に何故か言い出せなかった本音-HONNE-を語って行きます。

これからは定期的に新しいエッセイをアップしていきますので、ちょいちょいのぞきに来てくれたら嬉しいです!よろしくお願いいたします!

「午前0時のハイヒール -HONNE no ethical by Jennifer-」は2月2日午後9時、INHEELSフェイスブック上でリリースとなります。お楽しみに!